うつ病を正しく理解して、症状を回復させよう

理解

「家族がうつ病と診断された」、「友人がうつ病と診断され、心配」といった声がよく聞かれます。と同時に、「うつ病と診断された人とどう接していいのかわからない」と考える人も多くいます。うつ病の治療には周りからの理解と協力が非常に大切です。出来るだけ患者さんに歩み寄って、一緒に回復できるようにしていくのが理想的です。

うつ病の患者さんは、気分が落ち込み、無気力な状態になっています。そうなってくると、つい過剰に心配しすぎたり、叱咤激励をしてしまいそうになる人も多いのではないでしょうか。しかし、それは逆効果にしかなりえません。あまり過剰に心配しすぎたり構い過ぎたりすると、患者さんは「周りに気を使わせている」と感じてしまい、逆に大きなストレスを抱えてしまうことがあります。過剰に励ましたり叱咤することも逆効果です。「頑張れ」と言われると、患者さんはどんどん追い込まれてしまいます。「こんなに励まされているのに、頑張れない自分は駄目な人間だ」と思い込んでしまい、まずます自分を追い込みます。結果、うつ病の症状が悪化したり、さらなるストレスによる病気を引き起こしてしまうこともあります。そこで大切なのは、患者さんがゆっくり休めるような環境を少しずつ整えていくことです。特にうつ病と診断されてからすぐの頃は、まずは体を休めることが重要です。そして、患者さんが焦ってうつ病を治そうとしていたら、ブレーキをかけてあげることも大事です。あくまでも患者さんのペースで治療することが大事、ということを伝えるようにしましょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013