うつ病を正しく理解して、症状を回復させよう

原因について

うつ病の治療は早期に始めましょう

うつ病を引き起こす原因は、ひと言でまとめると「ストレス」です。ストレスは胃腸炎や頭痛といった肉体的な病気を引き起こすだけでなく、うつ病といった精神疾患をも引き起こします。しかし、ひと言でストレスと言っても色々あり、したがってうつ病の原因も色々です。どのタイプのストレスを受けてうつ病になったのかを診断してみることが大事です。ストレスは大きく分けて2つの種類に分けることができます。1つは精神的ストレス、そしてもう1つは環境的ストレスです。精神的ストレスは近親者との死別、仕事での過労、人間関係などによって引き起こされます。環境的ストレスは引っ越しや職場での異動など、急激な環境の変化などによって引き起こされます。また、男性の場合は経済的な悩み、仕事での過労が原因でうつ病と診断される傾向があります。それに対し女性は、妊娠や出産、月経や家庭内での不和が原因でうつ病と診断される傾向があります。

診断技術は日々進んでいます

うつ病と診断される背景には、患者さんのもともとの性格も影響していると言われています。うつ病になりやすい性格は、「仕事熱心で責任感が強い」、「真面目で手が抜けない」といったものに加え、「明るく気配り上手な面と、さみしがりやな面を持っている」といった性格だと言われています。努力家で責任感が強い人は、「もっと頑張らないといけない」という気持ちが強すぎて自分を追い込み、結果うつ病を発症してしまうケースがあります。

現在の日本社会はストレス社会と言われることがあります。私達は日常の活動において様々な人間関係で常に緊張感を持って接する必要があるため、蓄積する心的抑圧は時に精神的・肉体的な不調をもたらすことがあります。 うつ病は精神的障害の一種で、代表的な診断例として意欲・興味等の精神活動の低下や食欲低下、不眠症状等が挙げられます。うつ病の診察費用は大抵が健康保険の対象となりますから短期間の治療の場合の治療費は風邪等の病気と大差はありません。しかし、重度のうつ病の治療期間は長期にわたることが多くなり、うつ病の症状以外の点でも日常生活に支障が出ることがあります。そのため、うつ病の疑いがある場合には即座に診断を受けて早期治療に努めることが大切です。

あらゆる病気の診断において病名の判定をするための基準があります。例えば糖尿病の検査では血液検査をすることで血糖値やコレステロール値等の数値から客観的な診断をすることが可能となり、患者も治療の必要性を理解することができます。 うつ病等の精神疾患の判断基準は長らく客観的指標がなかったため、問診に基づいた精神科医の経験に頼った診断と治療方針の説明が患者に行われることが一般的でした。しかし、近年は光トポグラフィと言う頭皮に近赤外線を照射して反射光を検出・分析することで脳表面の血流を測定することで、その血流パターンからうつ病の診断を補助する客観的検査方法が導入されるようになり、今後も更に効果的な診断方法の開発が進められています。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013