うつ病を正しく理解して、症状を回復させよう

ピックアップ

指をさされ悩んでいる男性

症状を知ろう

うつ病かもしれない、と感じた場合は、すぐ医師の診断を受けることが大事です。そこで、このページではうつ病を発症した時に出る特徴的な症状について詳しくまとめてみました。

» readmore

英文でストレスと書かれたプリント

原因について

うつ病だと診断される原因は、その人がさらされている環境やストレスが大きく関わってきます。その中でも特に、過労や人間関係などのストレスがもっともよく考えられる原因です。

» readmore

はてなマークに囲まれた男性

過ごし方

うつ病だと診断されたら、とにかく休養して体と心を休ませることが大切です。通院と薬物治療を続けながら、家ではゆっくり無理をせずに休むようにしたほうがよいでしょう。

» readmore

白い紙を差し出す医師

理解

家族や友人、恋人などの親しい人がうつ病だと診断されたら、周囲は大きな衝撃を受けるものです。しかし、ここで無理に患者さんを励ましたり叱咤することは禁物です。そっと見守り、患者さんが休める環境を作っていくことが大事です。

» readmore

どんな病気か

うつ病になったとき注意するべきこと

人間関係、仕事の多さ、食生活の乱れなど、現代は様々な理由でストレスを受けることがあります。そのストレスが原因となって発症する病気の1つに、「うつ病」があります。多くの人が、病名だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。うつ病に悩まされている患者さんは、日本全国で300万人以上にも昇ると言われています。しかし、これはあくまでも「病院に来院して、医師の診断と治療にかかっている患者さんの数」です。うつ病の症状が出ているのに、診断や治療を受けていない人を合わせると、実際の患者数はもっと膨れ上がることが予想されます。では、そのうつ病とは具体的にどんなことが原因で発症し、どのような症状がでるものなのでしょうか。

うつになってしまったと診断されたときに知っておくといい事

うつ病の症状は、簡単に言うと「気分が落ち込む」、「興味や関心が極端にわかなくなる」、「将来について悲観的になる」などです。原因には様々な要素が考えられ、代表的なものは職場や家庭での人間関係、過労、不規則な生活、持病などのこじれなどが挙げられます。患者さんは気持ちがずっと落ち込んで無気力な状態になっているので、「自分は駄目な人間だ」、「周りに迷惑をかけて申し訳ない」と自分を責めてしまう傾向にあります。しかし、現在ではうつ病に関する認知も広がってきており、それと同時に相談しやすい環境も少しずつ整ってきています。うつ病になったら、1人で悩まずにまずは医師への相談に踏み切ることが大事です。

うつ病と診断された人、またはその診断された人の知人、家族であるならば知っておいた方が便利な点があるます。 うつ病になってしまった時の対応は、10、20年前の時代と全く違って、対応がよくなっています。ということは、治療費はあまりかからなくなってきたということが分かります。ですが、これからのうつ病を治すまでの時間はどんなに短くても3か月以上かかってしまいます。その点を見ると、うつ病になってしまった患者さんへのサポートをしっかりと行ってくれる病院、または自分の手でうつ病の患者さんを支援してあげれるかが大切なのです。 根性論で治すことはなかなか難しい病気なので、うつだと診断された時の地王によって、未来が大分変わることを覚えといてください。

先ほど述べた通り、うつ病への対応はどんどん変わっており、これからの生活をしていく面ではいつうつ病になってしまったと診断されてしまうかわからな時代になっているという事が原因なのではないのではないでしょうか。 ですが、これですべての人がうつになってしまった人へやさしくしてくれるかといえば、まだまだ差別や偏見を持つ人は大勢います。その事をしっかりと考慮してうつ病を患っている人に接しあげれるかでだいぶ変わるという事は事実なので、もしも友人や家族がそのような状態になってしまったことが分かった場合にどれだけ気にしてあげれるかが大切という事を忘れるべきではないです。 なので、これから生活していく上ではこのことを知っているかいないで生活が変わってしまうかがわかります。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013